実在のスキャンダル。当事者の心で追うか、よそ者の目で追うか。

映画『メイ・ディセンバー ゆれる真実』公式サイト|7.12(Fri)ROADSHOW|監督:トッド・ヘインズ 脚本:サミー・バーチ 出演:ナタリー・ポートマン、ジュリアン・ムーア、チャールズ・メルトン|<第96回アカデミー賞脚本賞ノミネート><第76回カンヌ国際映画祭コンペティション出品><第81回ゴールデングローブ賞4部門ノミネート>|13歳少年と36歳女性の不倫、獄中出産、出所後の結婚。全米を賑わせた実在の”メイ・ディセンバー事件”は、犯罪か、純愛か、それとも−−。近づくほどに、真実は見えなくなる。|<第96回アカデミー賞脚本賞ノミネート><第76回カンヌ国際映画祭コンペティション出品><第81回ゴールデングローブ賞4部門ノミネート>|13歳少年と36歳女性の不倫、獄中出産、出所後の結婚。全米を賑わせた実在の”メイ・ディセンバー事件”は、犯罪か、純愛か、それとも−−。近づくほどに、真実は見えなくなる。

7.12(Fri)ROADSHOW
  • ムビチケ
  • 劇場情報はこちらから

予告編Trailer

  • ロング予告

    ロング予告

『キャロル』のトッド・ヘインズ監督×オスカー女優の競演に世界が絶賛‼|【第96回アカデミー賞 脚本賞ノミネート】【インディペンデント・スピリット賞 主演女優賞ノミネート/初脚本賞受賞】【第89回ニューヨーク映画批評家協会賞 脚本賞/助演男優賞受賞】【第58回全米映画批評家協会賞 脚本賞/助演男優賞受賞】【第44回ロンドン映画批評家協会賞 作品賞/助演女優賞ノミネート 助演男優賞受賞】
36歳の女と13歳の少年が起こした“メイ・ディセンバー事件”を追う、ある女優。よそ者である彼女の憶測と当事者の本心、新たな証言。すべてが絡み合い、観ている貴方の真実も ゆらぎ始める。

当時36歳の女性グレイシーはアルバイト先で知り合った13歳の少年と情事に及び実刑となった。少年との子供を獄中で出産し、刑期を終えてふたりは結婚。夫婦は周囲に愛され平穏な日々を送っていた。ところが23年後、事件の映画化が決定し、女優のエリザベス(ナタリー・ポートマン)が、映画のモデルになったグレイシー(ジュリアン・ムーア)とジョー(チャールズ・メルトン)を訪ねる。彼らと行動を共にし、調査する中で見え隠れする、あの時の真相と、現在の秘められた感情。そこにある“歪み”はやがてエリザベスをも変えていく……。

『エデンより彼方に』『キャロル』など、重厚かつセンセーショナルな作品で熱狂的なファンをもつ異才トッド・ヘインズ監督が、ふたりのオスカー女優とタッグを組み、観る者すべてを“抜け出せない万華鏡”に誘う衝撃のドラマを描き出した。

当事者の言葉と表情は、“真実”なのか?
事件の考察は打ち砕かれ、貴方の価値観に亀裂を入れる。

場面写真
「ナタリー・ポートマンとジュリアン・ムーアの見事な決闘!間違いなく、二人の新たな代表作。・・・The Telegraph」「人間心理そのものを描き、“感情の洪水”を引き起こす。・・・The New York Times」