映画「グッバイ・クルエル・ワールド」 NEWS

2022.07.27
最新情報

その刺激的な描写からR15と映画鑑賞に年齢制限がつく映画『グッバイ・クルエル・ワールド』。

すでに先行試写や完成披露で観た人たちからは突き抜けるバイオレンス性や、豪華キャストたちの迫力の演技への絶賛コメントが溢れる注目作。その魅力が詰め込まれた予告編が解禁。

「行くとこなんか、どこにもねぇ」と声を絞り出す安西。

「ぶっ殺してみろ」と組長・杉山(奥田瑛二)の怒号。

「死ねば良いですか?」と冷めた矢野。

「殺すんなら、殺せ」と叫ぶ萩原。

「やめな〜い」と美流の覚醒。

「てめぇのせいだろうが」と飯島に頭突きを喰らわす安西。

全てのキャラクターが裏切り裏切られ、追い込まれていく。

監督は『MOTHER マザー』『日日是好日』など繊細な人物描写と映像に定評のある大森立嗣。脚本は『さよなら、渓谷』ぶりのタッグとなり、最近では『死刑にいたる病』などの脚本を手がけた高田亮。目まぐるしく変化していく相関関係、チューニングの合わないヤツらのエキサイティングでポップなクライム・エンターテインメント!最後に笑うのは誰だ。

2022.07.20
最新情報


超豪華キャストで繰り広げるクズ同士の潰し合い!!本ポスター解禁!!

西島秀俊演じる元ヤクザ組長の安西は端正さとバイオレンスの香りが漂うギャップ溢れる表情。斎藤工演じる、粗野で凶暴な闇金業者・萩原はクールな表情の奥に狂気を潜ませる。宮沢氷魚演じるラブホテルの従業員・矢野の銃を担ぐ姿は、常識外の恐ろしさを感じさせる。玉城ティナ演じる強盗団の一員・美流は、不遇な環境から抜け出すため銃を手にする強い眼差しが印象的。宮川大輔演じる美流の魅力に取り憑かれた・武藤は強盗団の一味、正面を見据えた強い表情が光る。大森南朋演じる刑事・蜂谷。表社会と裏社会の間でしがらみにまみれながら強盗団を追い詰める。そして、三浦友和演じる、金持ちどもの転落を画策する浜田。どこか掴みどころのない、怪しげな狂気を潜ませる。これら豪華キャストと並び、背景のキャッチーな赤、劇中でも印象的に使われたフォード・サンダーバードの写真と、 “ようこそ、狂乱の世界へ。”のコピーが、作品の観るものをクルエル・ワールドへ誘うポスターとなっている。

2022.07.15
最新情報

映画「グッバイ・クルエル・ワールド」上映劇場が公開となりました!
上映劇場は随時追加となります、

▼上映劇場リスト
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=gcw

さらに本日よりカワイイ覆面団ビジュアルのムビチケが発売開始!
皆さんお買い求めは、劇場もしくはオンラインにて!!
一部の上映劇場では販売しない劇場もあります。

▼ムビチケデザイン

▼オンライン販売はこちら
https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20220715006

2022.07.12
最新情報
7月7日“七夕”には都内でサンダーバード前セレモニー&完成披露上映会が行われ、西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、三浦友和、そして大森立嗣監督が参加!

セレモニーは覆面集団によるダンスパフォーマンスからスタート!迫力満点のダンスの余韻冷めやらぬ中、劇中で重要なマシーンとなるアメ車サンダーバードが鎮座したレッドカーペットに西島らメインキャストと大森監督がラインナップ。


日比谷ミッドタウンの吹き抜けスペースでのセレモニーに西島は「こんなところで挨拶するとは思わず…驚いています!」とオーディエンスに手を振ってご挨拶。アメ車サンダーバードには「撮影初日にみんなで乗った車なので印象深い」といい、同乗した三浦は「あれ?こんなに汚かった?この中に5、6人で乗ってねえ。暑かった記憶があります」と懐かしんだ。大森監督も「久しぶりの再会がこの場所で良かった!」とアメ車サンダーバードとの再会を喜ぶコメント。

そして、セレモニー後は映画館に場所を移しての完成披露上映会に登壇。本編完成に「この映画はそれぞれが主役のような群像劇なので、僕自身も皆さんに観ていただき、そしてキャストの皆さんとこのように再会してはじめて映画が完成するという感覚があります」と嬉しそうな西島。一方、大森監督は本作誕生の経緯について「プロデューサーと自分たちの好きな映画の記憶をたどる中で、そんな映画を作れたらいいね!というところから生まれた」とコメント。


一夜限りの強盗団という裏仕事に参加した元ヤクザの安西を演じた西島。「最近は穏やかな役が多くて、暴力にさらされる世界にいる役は久々です。今回は僕を追い込む人たちが強烈なので、追い込まれる僕が好きでそれを楽しみにしている方がいらっしゃるのであれば…ご期待に沿えると思います!」と予告。すると『シン・ウルトラマン』で西島と共演した斎藤は「最高です!しびれます!この間まで一緒に地球を守っていましたが…」と笑わせ、さらに西島主演作『ドライブ・マイ・カー』に引っ掛けて「西島さんが車の運転もするし…。この作品では貴重な西島さんが見られますよ!」とてんこ盛りでアピールし。

一方、西島は見るからに悪そうなヤミ金業者・荻原を演じた斎藤について「背景が見えないキャラクターだけれど、強い衝動を持っている役。その肉体を感じる役に作り上げていたのがスゴイと思った」と絶賛。ラブホテル従業員・矢野を演じた宮沢は斎藤について「演じているときは怖いけれど、カットがかかった瞬間にいつもの優しい工さんに戻られるので安心しました」と言うと、当の斎藤は「(宮沢の)純朴な瞳を見ると心がほだされる。キュンとしました」とコメント。

バイオレントなカオスに巻き込まれる美流役の玉城。見どころについては「結構痛めつけられたりしているので、そこを見てほしい」と何やら意味深。大森監督から「酷いことをする場面でいきなり笑いだして…。この人こういうときに笑うんだと思った」と驚かれると、玉城は「やり切ったと思います!」と新境地開拓に胸を張っていた。

すべての登場人物の運命を翻弄するような男・浜田役の三浦は「演じる上で参考になりそうないいモデルはいないかと思っていたら、役名が浜田なので…。皆さんわかりますよね?そう、ダウンタウンの浜田雅功さんの人を掌握する力を参考にしました。20年後の浜田さんをイメージしながら…悪い意味ではないですよ!」とまさかの役作り報告。

また西島が、ガソリンスタンドの大爆発シーンに触れて「たいしたことはないと聞いていたのに、いざやってみたら周りが昼間みたいに明るくなった。僕もスタッフもビックリ!」と報告すると、かつてテレビドラマ『西部警察』に出演していた三浦は「爆発については、僕は西部警察に務めていたことがあるので…。そんなには驚きません」と涼しい表情。大森監督を悔しがる一幕も。

最後に大森監督は「頭で考えずに物語を浴びるように見てほしいです!」と娯楽作であるとアピール。西島は「色んな世代の行き場のない登場人物が生存をかけた戦いに挑む物語。今の時代、生きていく中で自分の居場所が見つからないという感覚を持っている人は多いと思う。この映画では誰かに感情移入して、そのキャラクターと一緒に生きていただけるはず。映画の中の誰かに気持ちを乗せて、その人が生き延びるよう願いながら楽しんでほしいです。ちなみに、ある人が未来への希望を持って終わります。その人を選んでいただけたら幸せです!」と期待を込めメッセージをおくった。

2022.06.30
最新情報

西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和といった豪華キャスト陣に加え、さらに奥田瑛二、鶴見辰吾、奥野瑛太、片岡礼子、螢 雪次朗、モロ師岡、前田旺志郎、若林時英、青木柚といった追加キャストが発表!!


奥田瑛二は、強盗団に大金を奪われたヤクザ組織の組長。すでに発表されているキャスト陣以上に貫禄ある危険な香りを漂わせる。


鶴見辰吾は、奥田瑛二演じる組の組員役。大金が盗まれたラブホテル現場にかけつけ、刑事・蜂谷(大森南朋)と暗躍し強盗団を追う。


奥野瑛太は、安西(西島秀俊)がヤクザ組長だったころの組員役。家族との平穏な暮らしを望む安西のもとに突然現れ、脅しをかけて安西家に転がり込んでいく。


片岡礼子は、安西の妻役として、夫が元ヤクザ組長という過去に引きずられながらも懸命に一人娘を愛情いっぱいに育てるが夫の周囲の不穏な動きを感じていく。


螢 雪次朗は、県知事選挙で4選を狙っている県知事役。浜田(三浦友和)との確執を持つ。


モロ師岡は、裏仕事の仕入れ屋役。優しい顔で近づきヤミ金業者(斎藤工)らに裏仕事を与えていく。


前田旺志郎若林時英青木柚は、浜田(三浦友和)の手下役。予想だにしない展開に巻き込まれていく。

新たに発表されたキャスト陣も加え、一歩足を踏み入れたら簡単には抜け出すことの出来ない狂乱の世界が幕をあける!!

2022.06.23
最新情報


映画「グッバイ・クルエル・ワールド」の監督、キャスト登壇完成披露上映会の開催が決定いたしました!!

■日時: 7/7(木)18:00の回 上映前に監督、キャスト舞台挨拶を実施

■登壇者:西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、三浦友和、大森立嗣監督

※敬称略 登壇者は予告なく変更する場合がございますこと、予めご了承ください。

■実施劇場:TOHOシネマズ 日比谷

■チケット料金:2,100円(税込)

■チケット販売

・先行プレリザーブ(先行抽選販売受付):

6/25(土)AM11:00~7/1(金)AM11:00まで

インターネット購入:https://w.pia.jp/t/goodbye-cruel-world/

※PC・モバイル共通

※抽選結果の発表は、7/1(金)18:00となります。

※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要になります。

・一般販売:

7/2(土)AM10:00~7/6(水)16:00

 

■一般販売に関する注意事項

※インターネットでのみ販売いたします。

※決済方法はクレジットカード、ちょコムのみとなります。

※お席はお選び頂けません。

 

□インターネット購入

チケットぴあ https://w.pia.jp/t/goodbye-cruel-world/  ※PC・モバイル共通

 

《チケット購入に関するお問い合わせ》

「チケットぴあ」インフォメーション 0570-02-9111(10:00~18:00)

または「チケットぴあ」HP(http://t.pia.jp/help/index.html

 

【注意事項】

※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更になる場合がございます。

※悪天候及び公共交通機関の運行状況により、やむを得ず本イベントを中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※特別興行の為、各種割引・各種招待券は、ご使用いただけません。

※上記料金はすべて税込金額です。

※実施スクリーンにより、特別シート等追加料金が発生する場合がございます。

※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。

※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断り致します。

※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しは出来ません。

※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断り致します。保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。

※車いすをご利用のお客様は車いすスペースでのご鑑賞となります。車いすスペースには限りがありますので、ご利用人数によっては所定のスペース以外でご鑑賞いただく場合がございます。また、イベントの内容やマスコミ取材により、所定のスペースからご移動いただく場合がございます。予めご了承ください。

※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。

 

【感染症対策における注意事項】

  • ご来場の際は、下記URL先の劇場ホームページの注意事項を必ずご確認のうえ、ご参加ください。

https://www.tohotheater.jp/news/taisaku_corona.html

  • イベント開催時の座席稼働率につきましては、今後の情勢を踏まえ最新のガイドラインに従い決定致します。
  • 館内では、上映中の飲食時を除き、マスクの着用をお願いいたします。
  • マスクを外した状態での会話を防ぐため、上映前・イベント中の飲食はご遠慮ください。
  • 観覧の際の発声および歓声、立ち上がってのご鑑賞などはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。声援が起こった際には、ご退場いただいたり、イベントを中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • ご来館前の検温など体調管理および発熱、咳などの症状がある場合は、体調を最優先いただき、ご来場をお控えください。
  • 過去2週間以内に感染が拡大している国、地域への訪問歴がある場合は、ご来場をお控えください。
  • 手洗いや備え付けの消毒液のご使用、咳エチケットにご協力ください。
  • ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保について、座席指定券との引換時や売店等のお並びの際、および入退館時など、一定距離の確保にご協力ください。
  • ご入場の際の機器による検温にご協力ください。37.5度以上の発熱が確認された場合は、ご入場をお断りいたします。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大状況やその他主催者の判断により、舞台挨拶の開催中止や、登壇者などの内容が予告なく変更になる場合がございます。その場合も、交通費や宿泊費などの補償はいたしません。また、映画上映が行われる場合はチケットの変更や払い戻しもできませんので、予めご了承ください。
  • 新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、登壇ゲスト等へのプレゼントやお手紙は一切受け取れません。予めご了承ください。
  • 感染症対策の観点から、登壇者が出入りする際の待機、いわゆる出待ち行為は禁止させていただきます。
  • 当日までの情勢により、上記対応が変更になる可能性もございます。

 

2022.05.20
最新情報

映画「グッバイ・クルエル・ワールド」特報映像が完成しました!!

銃声響くオープニング、フォード・サンダ ーバードを運転する⻄島秀俊の横顔から始まり、現金の束、覆面姿の強盗団、 斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和の豪華な顔ぶ れが次々と並ぶ。やがて、銃声、罵声、ガソリンスタンドの爆発などが入り乱 れ、ラストに突如「裏切り者は、誰だ。」の文字が躍る。Margie Joseph の 「Let’s Stay Together」の軽快な音楽に包み込まれ、高揚感と刺激、色気と ヤバさ全開の世界に誘われる特報!!
ぜひご覧ください!!

▼「グッバイ・クルエル・ワールド」特報
https://youtu.be/0gMgwWQHkWI

2022.04.04
最新情報

この秋最注目作の幕が開く!
西島秀俊ほか豪華俳優陣が謎の覆面団に?!
エキサイティングでポップなクライム・エンターテイメント!

主演・西島秀俊、共演に斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和などの豪華俳優陣が集結し大森立嗣監督オリジナル作品となる映画『グッバイ・クルエル・ワールド』のティザービジュアル解禁!

 

▼ティザーポスター

⻄島秀俊、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和が演じるのは、全員互いに素性を明かさない強盗組織の一員。彼らは、ラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功。それぞれの生活に戻るメンバーだったが、ヤクザ組織に追われる日々が始まる。宮沢氷魚演じるラブホテル従業員、大森南朋演じる刑事たちを巻き込み、大波乱の物語が幕を開ける。

次第に明らかとなる本作の一部シーンが初解禁!
銃口を突きつけられる西島秀俊、銃を構える宮沢氷魚と玉城ティナ。燃え盛るガソリンスタンド。現金の山など。大森立嗣監督の描く刺激とスリルはそのままに、監督自身が新たな挑戦とコメントする壮絶な銃撃戦アクションや音楽が加わり、これまでの作品とは一味違う作品に!

世の中とチューニングの合わない登場人物たち、ソウルシンガー・Bobby Womack の胸躍るソウル&ファンクなリズムなど、監督・大森立嗣×脚本・高田亮がオリジナルで描くエキサイティングでポップなクライム・エンターテインメントが誕生!

▼チラシ中面

 

さらに豪華俳優陣たちのキャラクター写真もお披露目!
元ヤクザで今は家族との平穏な暮らしを望む安西幹也を演じる西島秀俊。裏稼業でのしあがるヤミ金業者・萩原を演じる斎藤工。ラブホテルの従業員で事件に大きく巻き込まれていく矢野を演じる宮沢氷魚。ヤミ金業者からの借金の取立てに追い詰められている美流を演じる玉城ティナ。彼氏として美流を全力で擁護する武藤を演じる宮川大輔。さらにヤクザ組織と蜜月関係にある刑事・蜂谷一夫を演じる大森南朋。政治家や上流層へ反旗を翻し、裏仕事を仕切る浜田を演じる三浦友和。それぞれの立場・思惑・事情が絡みあい予測もつかない結末へと展開していく!!キャラクター写真が散りばめられたもう1つのビジュアルには、「裏切り者は、誰だ」のコピー。
世の中とチューニングの合わない奴らの銃撃戦クライム・エンターテインメントはどんな波乱の展開が待ち受けているのか、豪華俳優陣の演技合戦は必見!!

▼チラシ裏面

©2022「グッバイ・クルエル・ワールド」製作委員会