197年の歴史を誇る〈ロンドン・ナショナル・ギャラリー〉で起きた、
フランシスコ・デ・ゴヤの名画「ウェリントン公爵」盗難事件。
それは、名もなきタクシー運転手の人生を懸けた大勝負だった―

INTRODUCTION

誰もが虜になるチャーミングな主人公に名優ジム・ブロードベント。そして長年連れ添った妻を演じるのはヘレン・ミレン。イギリスを代表するオスカー俳優の共演による、ユーモアあふれる軽妙な夫婦の会話劇も見どころのひとつ。また、『ダンケルク』の好演が記憶に新しいフィオン・ホワイトヘッドが息子役を演じ、そのフレッシュな魅力も見逃せない。監督は2021年9月、惜しまれながら逝去し、本作が長編遺作となった『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル。名画で世界を救おうとした男が、人々に優しく寄り添う姿を描く、爽やかな感動作が誕生した。

STORY

世界中から年間600万人以上が来訪・2300点以上の貴重なコレクションを揃えるロンドン・ナショナル・ギャラリー。1961年、“世界屈指の美の殿堂”から、ゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれた。この前代未聞の大事件の犯人は、60歳のタクシー運転手ケンプトン・バントン。孤独な高齢者が、TVに社会との繋がりを求めていた時代。彼らの生活を少しでも楽にしようと、盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりしようと企てたのだ。しかし、事件にはもう一つの隠された真相が・・・。当時、イギリス中の人々を感動の渦に巻き込んだケンプトン・バントンの“優しい嘘”とは−!?

CAST PROFILE

ジム・ブロードベント
(ケンプトン・バントン役)
1949年5月24日、イギリス・リンカンシャー州生まれ。1972年にロンドン音楽演劇アカデミーを卒業し、舞台俳優としてキャリアをスタート。1978年に『ザ・シャウト/さまよえる幻響』で映画デビュー。1991年にマイク・リー監督作『ライフ・イズ・スウィート』で注目を集め、『トプシー・ターヴィー』(99)でヴェネツィア国際映画祭最優秀男優賞を、『アイリス』(01)でアカデミー賞助演男優賞を受賞。その後も『ムーラン・ルージュ』(01)や『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズをはじめとした数々の映画やテレビドラマに出演、長きにわたってイギリスを代表する俳優のひとりとして活躍。近年の主な作品に『ハリー・ポッター』シリーズや、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(11)、『パディントン』シリーズなどがある。
ヘレン・ミレン
(ドロシー・バントン役)
1945年7月26日、イギリス・ロンドン生まれ。ナショナル・ユース・シアターで舞台女優としてキャリアをスタート、その後ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに所属し多くの作品で主演を務める。1969年にマイケル・パウエル監督の『としごろ』で映画デビューを果たす。『長く熱い週末』(80)で注目を集め、『キャル』(84)、『英国万歳!』(94)で2度カンヌ国際映画祭の女優賞に輝く。また、91~06年に渡って放送されたテレビシリーズ「第一容疑者」のジェーン・テニスン役でも知られ、英国アカデミー賞主演女優賞に輝くなど高い評価を得た。エリザベス2世を演じた『クィーン』(06)では、アカデミー賞やゴールデングローブ賞はじめ数々の賞で主演女優賞を受賞。近年も『黄金のアデーレ 名画の帰還』(15)や『ワイルド・スピード』シリーズなどジャンルを問わず幅広い作品に出演している。03年に大英帝国勲章を受勲し、デイムの称号を授与された。
フィオン・ホワイトヘッド
(ジャッキー・バントン役)
1997年7月18日、イギリス・ロンドン生まれ。13歳のときに地元のオレンジ・ツリー・シアターに参加、その後ナショナル・ユース・シアターなどで演技を学ぶ。2016年に出演したテレビシリーズ「HIM(原題)」の撮影中にオーディションを受けた、クリストファー・ノーラン監督作『ダンケルク』(17)で見事主演のひとりに抜擢され、華々しい映画デビューを飾る。その後も、『The Children Act(原題)』(17)でエマ・トンプソン、スタンリー・トゥッチと共演。さらに、エミー賞を受賞したNetflixオリジナル映画『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』(18)で主演を務めるなど話題作に出演し活躍を続けている。 ※FionnWhiteheadのカナ表記について、キャストクレジットではこれまでの出演作品に倣い「フィオン・ホワイトヘッド」と記載しておりますが、正しい発音は「フィン・ホワイトヘッド」となります。
アンナ・マックスウェル・マーティン
(グロウリング夫人役)
1977年5月10日、イギリス・イースト・ライディング・オブ・ヨークシャー生まれ。ロンドン音楽演劇アカデミーで演技を学び、舞台女優としてキャリアをスタートさせる。本作の監督であり後に結婚するロジャー・ミッシェルの『Jの悲劇』(04)で映画デビュー。2005年のテレビドラマ「荒涼館」で主役を演じ、英国アカデミー賞テレビ部門の主演女優賞を受賞するなど高い評価を得る。その後も数々のテレビドラマ、映画で活躍。主な代表作に、『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(07)、『あなたを抱きしめる日まで』(13)、『どん底作家の人生に幸あれ!』(19)などがある。
マシュー・グード
(ジェレミー・ハッチンソン役)
1978年4月3日、イギリス・デボン州生まれ。バーミンガム大学とウェバー・ダグラス演劇芸術アカデミーで演技を学び、2003年にスペイン映画『Al sur de Granada(原題)』で映画デビューにして初主演を務める。その後、ウディ・アレン監督・脚本による『マッチポイント』(05)や『ウォッチメン』『シングルマン』(ともに09)、アカデミー賞脚色賞を受賞した『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』(15)など数々の話題作に出演。テレビドラマ「グッド・ワイフ 彼女の評決」や「ダウントン・アビー」シリーズ(ともに14~15)でも人気を博し、「ザ・クラウン」(16~)では、エミー賞ドラマシリーズ部門ゲスト男優賞にノミネートされた。近年の主な作品には、映画版『ダウントン・アビー』(19)、『キングスマン:ファースト・エージェント』(21)などがある。

STAFF PROFILE

監督:ロジャー・ミッシェル
1956年6月5日、イギリス外交官の息子として南アフリカで生まれる。『ジェイン・オースティンの説得』(95/日本未公開)で長編映画デビュー。その後、ゴールデングローブ賞の最優秀作品賞にノミネートされたジュリア・ロバーツとヒュー・グラント共演の『ノッティングヒルの恋人』(99)で、一躍世界的脚光を浴びる。主な監督作に、『Jの悲劇』(04)、『恋とニュースのつくり方』(10)、『私が愛した大統領』(12)、『ウィークエンドはパリで』(13)、『ブラックバード 家族が家族であるうちに』(21)などがある。今後の公開作として、エリザベス2世の素顔に迫ったドキュメンタリー『Elizabeth』(22)が控えていたが、21年9月22日に65歳の若さでこの世を去る。本作が最後の長編映画作品となった。
脚本:リチャード・ビーン
1956年、イギリス・キングストン・アポン・ハル生まれ。パン工場で働いたのち大学で心理学を学び、心理学者やスタンダップ・コメディアンとして活躍する。2011年に手掛けた舞台「The Heretic」と「One Man, Two Guvnors」の2作品で、作家として初めてイブニング・スタンダード賞最優秀作品賞を受賞した。「One Man, Two Guvnors」はそのほかにも、2011年批評家協会賞の最優秀作品賞や2012年の最優秀新作ブロードウェイ・プレイとしてアウター・クリティクス・サークル賞を受賞するなど高い評価を得た。
脚本:クライヴ・コールマン
1961年生まれ。法廷弁護士からジャーナリストに転身、2010年から2020年までBBCニュースの法務記者を務める。ロンドン・タイムズ紙やガーディアン紙、インディペンデント紙などへ寄稿も行う一方、舞台、映画、シットコムの作家としても活躍。1998年にBBCが優れたコメディ作家を称えるため新設したフランク・ミューア賞を、トニー・ロッシュとともに初受賞。本作で共同脚本を手掛けたリチャード・ビーンと共作した、若き日のカール・マルクスを描いたコメディ「ヤング・マルクス」は2017年にロンドンの新しくなったブリッジ・シアターにて公開された。