映画『ボーはおそれている』NEWS

カテゴリー:最新情報
2024.02.08
最新情報

NHKの「どーもくん」や「こまねこ」シリーズ、『リラックマとカオルさん』など数々の“こま撮り”アニメーションをおくりだす、日本を代表するアニメーションスタジオ<ドワーフ>と、本作『ボーはおそれている』とのコラボレーションが実現しました。
この度、解禁されたのは、ドワーフ撮りおろしの”こま撮り”アニメーション映像と、本編映像が切り替わる、超不穏な映像!ホアキン演じるボーが、ボー人形に姿を変えながら、ただひたすら何かに怯え、逃げる様子を捉えています。

本映像を監督したのは、ドワーフスタジオに在籍する小川育監督。 アニー賞TV/メディア部門監督賞ノミネートされたNetflixシリーズ「ポケモンコンシェルジュ」、「リラックマと遊園地(エピソード監督)」、NHKプチプチ・アニメ「空き缶のツナ」、さらにストップモーション・アクション時代劇「HIDARI(共同監督)」などを手がける小川監督は、今回の映像について「画面に映るもの全てが怪しく疑わしい。ボーが恐れれば恐れるほど笑える。延々と続く恐怖と奇妙が詰まった、とても好きな映画です。ストップモーションは、通常は動かないものを動いているように見せる技術ですが、それって本当は奇妙なことだよなー、と常々思っています。そんな奇妙さと「ボーはおそれている」を観た時の『どこへ向かって走っているんだ、この映画は!ワァー!』という感覚を映像にしました」とコメントを寄せてくれました。
また本作には、アリ・アスター監督が絶賛した『オオカミの家』の監督クリストバル・レオン&ホアキン・コシーニャが担当したアニメーションパートも登場する。ストップモーションアニメとも縁が深い本作と、今回の日本を代表するストップモーションアニメスタジオとの本コラボ映像は、この映像制作の裏側を追ったメイキングシーンを新たに加えて、2/9(金)〜2/12(月・祝)まで開催の「#ワタシはおそれている展」でも展示されます。ボー人形の展示も!
2024.02.08
最新情報

大阪にある古着屋Pigstyとvivieにて、期間中にお買い物頂いた方へ抽選で映画劇場鑑賞券(ムビチケカード)や映画オリジナルグッズがあたるプレゼントキャンペーンを実施します。

●プレゼント賞品
・ムビチケカード 10名様
・オリジナルTシャツ 2名様(Sサイズ、Mサイズ)
※サイズはお選びいただけません。

●キャンペーン期間:2/9(金)~2/25(日)
※ムビチケカードの応募締切は2/15(木)まで

●対象店舗
Pigstyアメ村店、Pigsty梅田店、vivieアメ村店、vivie中崎町店

●応募方法
レジで配布されるチラシに記載のQR コードからご応募ください。

古着屋 Pigsty(ピグスティ)
1999 年に大阪市中央区東心斎橋にて創業。 30’s~80’s のビンテージ古着やトレンドを抑え、古着マニ アから初心者まで、幅広いお客様に満足して頂ける楽しい 品揃えの古着屋。大阪アメリカ村を本拠地として、大阪中 崎町に梅田店、東京に渋谷神宮前店を出店し現在に至る。

2024.02.03
最新情報

『ボーはおそれている』公開を記念し、渋谷のレストラン「RISTORO神南」とのフードコラボが実現し、コラボメニューが完成!

アリ・アスター監督3作品からインスピレーションを受けた、“怖”美しいメニューの数々は・・・
『ヘレディタリー/継承』から「ペイモンのシジルラテ」と「降霊の準備(カクテル)」、『ミッドサマー』から「ホルガ村の生贄ババロア」、『ボーはおそれている』 から 「怖(コ)ースター」の4品。
「ペイモンのシジルラテ」は、作品の中に登場するシンボルマークが浮かぶラテ(ホットココアと変更可能)、そして「降霊の準備」は劇中でペイモン召喚するために生贄になった3人の首が3つのベリーで表現され、黒魔術をイメージした紫色のカクテルに。
そして「ホルガ村の生贄ババロア」は、ホルガ村の美しさと残酷さを表現した1皿。美しい花が囲んでいるのは、”肌”色のババロア。ババロアにフォークを刺すと、中から血のようなブラッドオレンジソースがドロドロと流れだす・・・まさに”怖”美しい一品に。
ボーの「怖―スター」の裏面には、映画の中で主人公・ボーが投げかけられる謎メッセージが全9種、書かれており、どのメニューにももれなく付く特典コースターとなっています。
いずれも、「#ワタシはおそれている展」の会場「澁谷藝術」の併設レストラン「RISTORO神南」にて、ポップアップ展の開始日となる2/9(金)からスタートし、同展終了後もドリンクメニューのみ2月末頃までご注文いただけます。
「#ワタシはおそれている展」は、画家・ヒグチユウコさん、グラフィックデザイナー・大島依提亜さんによるこれまでに発表したポスターが展示されるほか、「未体験の「恐れ」を味わう旅に出よう」というテーマを元に創作された、アーティストのとんだ林蘭さんと岸裕真さんによる新作アート作品が展示されるポップアップ展。現在公式SNSで、「ワタシのおそれているもの・こと」の投稿を募集中!ポップアップ展「#ワタシはおそれている展」は「澁谷藝術」にて、コラボメニューは「RISTORO神南」にて、共に2/9(金)〜2/12(月・祝)に実施。

【ボーはおそれている」×「RISTORO神南」期間限定コラボメニュー 詳細】
□名称:
①「ホルガ村の生贄ババロア」 ※1日20食限定
②「ペイモンのシジルラテ」  ※ホットココアと変更可能
③「降霊の準備(カクテル)」
④アリ・アスターセット(①のババロア +②のシジルラテ のセット)
すべてのメニューに 「怖―スター」が付きます。
□実施場所:RISTORO神南(渋谷区神南 1-5-19 ハレ神南別館)
12:00-15:00 ランチタイム (LO14:30)
15:00-18:00 アイドルタイム(ドリンクのみの提供)
18:00-23:00 ディナータイム(LO22:30)
□実施期間:2月9日(金)〜2月12日(月・祝)
※ドリンクメニュー(怖ースター付き)のみ2月末まで提供
2024.01.26
最新情報

『ボーはおそれている』の公開を記念したポップアップ展「#ワタシはおそれている展」の続報です。 ポップアップ展の詳細はこちらをクリック

SNSでの投稿が展示の一部に!
X(旧Twitter)にて、「#ボーはおそれている」「#ワタシはおそれている展」の2つのハッシュタグをつけて「ワタシがおそれているもの・こと」を募集期間中にご投稿!運営事務局にて選定した50名の方の「おそれ」が本展示の一部になります。さらに投稿いただいた全ての方の中から抽選で20名様に非売品「ボーはおそれている缶バッジ セット」をプレゼント!皆様の「おそれ」のご投稿お待ちしています。

□募集期間:1/27(土)AM10:00〜2/7(水)PM6:00
□展示期間:2/9(金)13:00〜2/12(月)19:00
□展示会場:澁谷藝術(神南)渋谷区神南1-5-19 ハレ神南別館
□入場料:無料
2024.01.25
最新情報

「もはやファッション誌というより読み物」「ストーリーがぶっとびすぎてコーデが入ってこない」・・・など、独特すぎる展開に困惑する読者続出中の雑誌「CLASSY.」の大人気企画『着回しDiary』。本企画と映画『ボーはおそれている』の超スペシャルコラボが実現!そして、まさかの!アリ・アスター監督が本人役で登場し、着回しコーデを披露する山崎紘菜さんと共演、映画監督として《初》登場となりました!
度々世間をざわつかせている話題の着回しストーリー!毎月独特なテーマが設定され、その主人公が、各シチュエーションに合わせた着回しコーデを披露しながら、物語が展開していく、という読み応え満点の企画として注目されている『着回しDiary』の2023年は、
1月「あったか防寒服で街に下りた雪女」
2月「岡山出身 覆面インフルエンサー」
3月「27歳お天気キャスター女子」
4月「春から会社員に転身の元ギャル」
5月「FIRE志望の節約女子」
6月「”宇都宮餃子の名店”の看板娘」
7月「一カ月で世界一周する旅ライター」
8月「官公庁勤務のバリキャリ婚活女子」
9月「スニーカーで奔走する防災女子」
10月「会社から突然左遷通告された転職戦線に立つ会社員」
11月「気がついたら4年彼氏がいないアラサー女子」
12月「推理小説家女子」
というラインナップ。

2024年は「初詣でゾンビに追いかけられ彼氏も半ゾンビになり…ゾンビの目をかいくぐって生きながらトレンドのオシャレを死守するアラサー女子」という、すでに「!!!!?」な企画からスタート!そのバトンを受けるかたちで「映画宣伝女子の2月着回しDiary」企画として、映画『ボーはおそれている』の大ヒットを叶えるべく奔走する映画宣伝女子の主人公を、山崎紘菜さんが演じています。アリ・アスター監督は、ニコニコの笑顔で出演!山崎紘菜さんとも息ぴったり。
撮影を終えた山崎紘菜さんは、監督との共演に「アリ・アスター監督はとてもあたたかく優しい方で、日本での滞在の事を楽しそうにお話しされている姿が印象的でした。ご一緒できた時間は宝物です。」とコメント。誌面では、映画宣伝女子の細かな仕事内容、奔走ぶりもリアルに(⁉︎)描かれ、爆笑必死!!最高すぎて、涙がでてしまうかも・・・奇跡のスペシャルコラボ企画は必見です。「映画宣伝女子の2月着回しDiary」が掲載される雑誌「CLASSY.」3月号は、1月26日(金)発売!
2024.01.19
最新情報

2月16日(金)にいよいよ公開となる『ボーはおそれている』の公開を記念したポップアップ展「#ワタシはおそれている展」の開催が決定。

アリ・アスター監督作品の『ミッドサマー』、『ボーはおそれている』の公式ポスターを手がける画家・ヒグチユウコさん、グラフィックデザイナー・大島依提亜さんによるこれまでに発表したポスターが展示されるほか、「未体験の「恐れ」を味わう旅に出よう」というテーマを元に、新作アート作品の展示や、会場に訪れることで作品づくりに関わることができる参加型の企画展となっています。
また、「#○○はおそれている」というお題をうけて、創られた新たなアート作品も展示。本ポップアップ展で、新作アート作品を発表いただくのは、コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作し、渡辺直美さん、あいみょんさんとのコラボレーションなどでも話題のアーティストのとんだ林蘭さんと、人工知能(AI)を用いてデータドリブンなデジタル作品や彫刻を制作するアーティストの岸裕真さん。
参加型の展示には、参加者が映画の世界の中に入り込めるような仕掛けや、SNSでの投稿と連動した展示物で会場内を飾っていくコーナーのほか、劇中と同じシーンのフォトスポットなどが展示します。会場となる「澁谷藝術」の併設レストラン「RISTORO神南」でのコラボメニューの展開も予定しています。
映画公開前の3連休は、ぜひ本ポップアップ展による作品の拡張世界を体験ください。

《開催概要》
◆展覧会名称:#ワタシはおそれている展
◆開催期間:2/9(金)〜 2/12(月・祝) 各日OPEN 13:00 / CLOSE 19:00
◆開催会場:澁谷藝術(神南) 渋谷区神南1-5-19 ハレ神南別館
◆入場料:無料
◆参加アーティスト:
(ポスター展示)ヒグチユウコ、大島依提亜
(企画展「#ワタシはおそれている」)とんだ林蘭、岸裕真
(参加型展示)会場に訪れたワタシ   ※敬称略
◆コンセプト:未体験の「恐れ」を味わう旅に出よう。薬の飲み合わせも怖い。人混みを歩くのも怖い。隕石が落ちるのも怖い。みんな違ってみんなそれぞれ日々、何かを恐れながら生きている。誰かが感じる恐怖と、わたしが感じる恐怖。どこが似ていて、どこが違うのか。今までは辿り着けなかった他者との共通点、そして他者との分かり合えなさを可笑しく、そして尊く感じるために、いろんな人の「恐れ」を旅してみよう。
◆SNS参加型展示に関して
X(旧Twitter)にて、「#ボーはおそれている」「#ワタシはおそれている展」の2つのハッシュタグをつけて「ワタシがおそれているもの・こと」を募集期間中にご投稿!運営事務局にて選定した50名の方の「おそれ」が本展示の一部になります。さらに投稿いただいた全ての方の中から抽選で20名様に非売品「ボーはおそれている缶バッジ セット」をプレゼント!皆様の「おそれ」のご投稿お待ちしています。
□募集期間:1/27(土)AM10:00〜2/7(水)PM6:00
□展示期間:2/9(金)13:00〜2/12(月)19:00
◎とんだ林蘭 (とんだばやし・らん)氏 コメント
「恐れ」というネガティブなテーマで作品を作ったことが無かったので、やってみたいと思いました。ニュートラルな印象に「恐れ」を落とし込めたらと思いました。映画「ボーはおそれている」を観ながら「恐れ」とは「安心や退屈」とものすごく近くにあり、表裏一体だと感じました。

(プロフィール)
1987年生まれ、東京を拠点に活動。コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現を得意とし、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、幅広い世代のさまざまな分野から支持を得ている。
http://tondabayashiran.com/
Instagram▷https://www.instagram.com/tondabayashiran/

◎岸裕真 (きし・ゆうま)氏 コメント
ひとつの世界を外から眺める残酷さと可笑しさが、アリ・アスター作品の魅力だと思います。一本の映画世界をきっかけに、知覚できなかった外部の世界へ創造を手招きするこのアリ・アスター映画は、僕を含め多くのファンをブラックホールのように惹き付けてきました。今回、映画とは別のレイヤーで展開するひとつの物語装置と捉えて、この展覧会に参加します。人間とは別のアルゴリズムで思考するAIたちと、特異な華を添えられたらと思います。
今回、AIたちと共に聖母子像を描いた絵画作品を中心に、小規模な演劇的インスタレーションを展示します。宗教画の歴史において何度も描かれてきたモチーフである聖母子像を、私たち人間が築き上げてきた信仰を全く考慮しないAIプログラムたちによって異化・再解釈し、人間社会から自由な信仰と、親子の関係性から離れた母子愛のあり方について考えながら制作しています。

(プロフィール)
人工知能(AI)を用いてデータドリブンなデジタル作品や彫刻を制作する日本のアーティスト。主に、西洋とアジアの美術史の規範からモチーフやシンボルを借用し、美学の歴史に対する我々の認識を歪めるような創作をおこなう。AI技術を駆使した作品は、見る者の自己意識の一瞬のズレを呼び起こし、「今とここ」の間にあるリミナルな空間を作り出す。
https://obake2ai.com/
Instagram▷ https://www.instagram.com/obake_ai/
2024.01.16
最新情報

『ボーはおそれている』が2月16日(金)にいよいよ日本公開!公開を記念して、TBSラジオ「アフター6ジャンクション2」(月〜木、22時〜23時30分)とのコラボ企画が実現!番組パーソナリティのライムスター宇多丸さんとゲストが登壇し「公開直前!アフタートーク付き緊急試写会」を開催します!!番組リスナー180名様をご招待!
応募期間は、1/16(火)22時00分〜1/22(月)23時59分まで。ご応募お待ちしております。

日程]1月31日(水)
[会場]ヒューマントラストシネマ渋谷
[時間]19:00 開演  22:55終了予定
[登壇者]ライムスター宇多丸、宇垣美里(月曜パートナー)、大島依提亜(グラフィックデザイナー) ※予定 ※敬称略
[応募フォーム] https://ssl.eiga.ne.jp/forms/?k=beauisafraid_after6junction0131

[応募資格]
 ※アトロクのリスナーで、当日トークイベント終わりまでご参加いただける方
 ※試写会イベント、映画の感想をSNSでご投稿いただける方

[応募締切] 1月22日(月)23時59分

※当選発表は当選者様のみに1月24日(水)23時59分までにメールにてご連絡いたします。
※当選連絡メールはbeaumovie.event@gmail.com から送信いたします。
beaumovie.event@gmail.com からのメールを受信できるように設定をお願いします。
(こちらのメールアドレスは、本イベントの当選通知専用となります)
※応募フォームの下部へ記載の《注意事項》をお読みの上、ご応募ください。

2023.12.15
最新情報

画家のヒグチユウコさんが描き下ろしたイラストを、グラフィックデザイナー・大島依提亜さんがデザインした日本オリジナル<描き下ろしポストカード3種>がセットになった、特典付きムビチケカードが12 /22(金)より数量限定で発売となります。ぜひ、映画館またはメイジャー通販でお買い求めください。

『ボーはおそれている』前売り券発売概要
・発売日:12/22(金)
・定価:¥1,600-(税込)
・券種:ムビチケ
劇場およびメイジャー通販購入特典:
「ヒグチユウコ×大島依提亜 アリ・アスター監督3作ポストカードセット」

※数量限定、なくなり次第終了
※上映/ムビチケ発売劇場は下記よりご確認ください
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=beau

2023.12.12
最新情報

2024年2月16日(金)に全国公開される『ボーはおそれている』のアリ・アスター監督とのQ&A付き試写会を、12月20日ヒューマントラストシネマ有楽町にて、実施いたします。アリ・アスター監督へ直接、最新作についての質問を投げかけられるまたとない機会!本イベントへ、作品公式X @beau_movie  をフォロワーし、告知投稿のRTをいただいた方の中から【100名様】をご招待いたします。
応募期間は、12/14(木)18時00分 までとなります。たくさんのご応募お待ちしております。

[日程]12月20日(水)
[会場]ヒューマントラストシネマ有楽町
[時間]18:30上映回
[ゲスト]アリ・アスター監督

《応募フォーム》
https://ssl.eiga.ne.jp/forms/?k=beau_2023

《応募締切》 12月14日(木)18時00分まで
※当選発表は当選者様のみに12月15日(金)23時59分までにメールにてご連絡いたします。
※当選連絡メールは beaumovie.event@gmail.com から送信いたします。
beaumovie.event@gmail.com からのメールを受信できるように設定をお願いします。
(こちらのメールアドレスは、本イベントの当選通知専用となります)

 

⚠︎注意事項⚠︎ ご応募前に必ずお読みください
※応募フォームへご入力後の「送信完了メール」の配信はございません。
※集合時間、集合場所などの詳細は、ご当選者にのみお知らせいたします。
※座席は選べません。当日お早く来られてもその順番や場所に影響はございません。
※試写会への参加は当選者1名様のみとなります。
※当選者ご本人様以外への譲渡はご遠慮ください。
※会場までの交通費・宿泊費などはご当選者様、ご同席者様の負担となります。
※応募後の応募内容の変更はできません。
※応募締切日を過ぎたご応募にはお応えできませんので、ご了承下さい。
※抽選結果のお問い合わせにはお答えいたしかねますので、ご遠慮下さい。
※イベント当日ご入場の際に、「身分証明書」を使用してご本人確認をさせて頂きます。「当選者様」が、同一であることが確認できない場合や、転売・譲渡などが発覚した場合、会場への入場をお断り致しますので、予めご了承下さい。また、当日お越し頂いても、身分証明書を紛失・お忘れ・不備があるなどの際は、ご本人確認ができないため、いかなる場合でも入場をお断り致します。くれぐれもご注意下さい。
※イベント内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※悪天候及び公共交通機関の運行状況により、やむを得ず本イベントを中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断り致します。保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承下さい。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承下さい。
※取得した個人情報は株式会社ガイエ https://gaie.jp/privacy/ により取り扱われます。個人情報のお取り扱いにつきまして、イベントのご応募受付及びご連絡のためにのみ利用し、お客様の個人情報を当該ご本人の同意を得ず第三者に開示・提供・預託することはございません。

2023.12.09
最新情報

『ボーはおそれている』公開に先立ち、2020年1月に初来日を果たして以来3年ぶりとなるアリ・アスター監督の来日が決定いたしました。

12月18日(月)には日本最速上映イベントとして、TOHOシネマズ 日比谷にて監督の舞台挨拶付きジャパンプレミアが決定。さらに、翌日の12月19日(火)には前作『ミッドサマー』の上映と監督との上映後Q&Aも同劇場で開催いたします。チケット詳細は下記よりご覧ください。

※『ボーはおそれている』『ミッドサマー』ともにR15+指定作品のため、15歳未満の方はご鑑賞頂けません。

★12/18(月)『ボーはおそれている』アリ・アスター監督来日 日本最速上映”ジャパンプレミア詳細

・実施劇場:TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン12
・日時:12月18日(月) 18:30の回 上映開始前に舞台挨拶
・ゲスト:アリ・アスター監督
※登壇者の予定は変更になることもございますので、あらかじめご了承ください。
・チケット販売:vit https://www.tohotheater.jp/vit/
・チケット料金:特別料金2,000円均一
・販売日程
vit:12月12日(火)0:00~(12月11日(月)24:00~)
窓口:12月12日(火)劇場オープン時~
※会員早期購入対象外

★12/19(火)『ミッドサマー』アリ・アスター監督Q&Aつき上映詳細

・実施劇場:TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン12
・日時:12月19日(火) 18:30の回 上映後にQ&A
・ゲスト:アリ・アスター監督
※登壇者の予定は変更になることもございますので、あらかじめご了承ください。
・チケット販売:vit https://www.tohotheater.jp/vit/
・チケット料金:通常料金
・販売日程
vit:12月12日(火)0:00~(12月11日(月)24:00~)
窓口:12月12日(火)劇場オープン時~
※会員早期購入対象外

【 チケットご購入前に必ずお読みください 】
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※悪天候及び公共交通機関の運行状況により、やむを得ず本イベントを中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※特別興行の為、ムビチケ、各種割引・各種招待券は、ご使用頂けません。
※上記料金はすべて税込金額です。
※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しは出来ません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断り致します。保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承下さい。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承下さい。
※車いすをご利用のお客さまは車いすスペースでのご鑑賞となります。車いすスペースには限りがありますので、ご利用人数によっては所定のスペース以外でご鑑賞いただく場合がございます。また、イベントの内容やマスコミ取材により、所定のスペースからご移動いただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

新型コロナウイルス感染予防対策の終了、並びに基本的な感染対策について
https://www.tohotheater.jp/news/gorui20230508.html

  • 1
  • 2

©2023 Mommy Knows Best LLC, UAAP LLC and IPR.VC Fund II KY. All Rights Reserved.