映画『ケイコ 目を澄ませて』12月16日(Fri)テアトル新宿 ほか全国ロードショー|愛想笑いが嫌いで嘘のつけないケイコ耳が聞こえない彼女の心は雑音だらけ

各界の著名人から絶賛のコメント続々!!コメントページはこちら
各界の著名人から絶賛のコメント続々!!コメントページはこちら
ムビチケカード らくらくネット販売

予告編 Trailer

  • 特報映像

    本予告

  • 本予告映像

    30秒予告

イントロダクション Introduction

監督: 三宅唱 × 岸井ゆきの × 三浦友和 16mmフィルムから溢れ出す、
街を漂う匂い、降り注ぐ光の粒、
ケイコの心が軋む音。
観る者の心をつかんで離さない、
感覚を研ぎ澄ます映画体験。

本作は、聴覚障害と向き合いながら実際にプロボクサーとしてリングに立った小笠原恵子さんをモデルに、彼女の生き方に着想を得て、『きみの鳥はうたえる』の三宅唱が新たに生み出した物語。ゴングの音もセコンドの指示もレフリーの声も聞こえない中、じっと<目を澄ませて>闘うケイコの姿を、秀でた才能を持つ主人公としてではなく、不安や迷い、喜びや情熱など様々な感情の間で揺れ動きながらも一歩ずつ確実に歩みを進める等身大の一人の女性として描き、彼女の心のざわめきを16mmフィルムに焼き付けた。そして本年2月に開催されたベルリン国際映画祭でプレミア上映されるやいなや「すべての瞬間が心に響く」「間違いなく一見の価値あり」と熱い賛辞が次々に贈られ、その後も数多くの国際映画祭での上映が続いている。主人公・ケイコを演じた岸井ゆきのは、厳しいトレーニングを重ねて撮影に臨み、新境地を切り開く。ケイコの実直さを誰よりも認め見守るジムの会長に、日本映画界を牽引する三浦友和。その他、三浦誠己、松浦慎一郎、佐藤緋美、中島ひろ子、仙道敦子など実力派キャストが脇を固める。ケイコの心の迷いやひたむきさ、そして美しさ。全てを内包した彼女の瞳を見つめているうちに、自然と涙が込み上げてくる―

ストーリー Story

不安と勇気が背中あわせ。
震える足で前に進む、
彼女の瞳に映るもの―

不安と勇気が背中あわせ。 震える足で前に進む、彼女の瞳に映るもの―

不安と勇気が背中あわせ。
震える足で前に進む、
彼女の瞳に映るもの―

嘘がつけず愛想笑いが苦手なケイコは、生まれつきの聴覚障害で、両耳とも聞こえない。再開発が進む下町の一角にある小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねる彼女は、プロボクサーとしてリングに立ち続ける。母からは「いつまで続けるつもりなの?」と心配され、言葉にできない想いが心の中に溜まっていく。「一度、お休みしたいです」と書きとめた会長宛ての手紙を出せずにいたある日、ジムが閉鎖されることを知り、ケイコの心が動き出す―

キャスト Cast

  • 岸井ゆきの/ Yukino Kishii 小河ケイコ役

    岸井ゆきの / Yukino Kishii小河ケイコ役

    Profile
    岸井ゆきの/ Yukino Kishii 小河ケイコ役

    岸井ゆきの / Yukino Kishii小河ケイコ役

    1992年2月11日生まれ、神奈川県出身。2009年、女優デビュー。その後、映画、舞台、テレビドラマなど幅広く活躍。2017年、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(森ガキ侑大監督)で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を、19年『愛がなんだ』(今泉力哉監督)では、第11回TAMA映画祭最優秀新進女優賞ならびに第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その他近年の主な映画出演作に、『空に住む』(20/青山真治監督)『ホムンクルス』(21/清水祟監督)、『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(21/松井大悟監督)、『やがて海へと届く』(22/中川龍太郎監督)、『大河への道』(22/中西健二監督)、『神は見返りを求める』(22/𠮷田恵輔監督)、『犬も食わねどチャーリーは笑う』(22/市井昌秀監督)などがある。

  • 三浦友和/ Tomokazu Miura 会長役

    三浦友和 / Tomokazu Miura会長役

    Profile
    三浦友和/ Tomokazu Miura 会長役

    三浦友和 / Tomokazu Miura会長役

    1952年1月28日生まれ、山梨県出身。1974年『伊豆の踊子』(西河克己監督)で映画デビューし、第18回ブルーリボン賞新人賞を受賞。以後、映画・テレビドラマ・CMで幅広く活躍。近年の主な出演作に、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(05~12/山崎貴監督)、『転々』(07/三木聡監督)、『沈まぬ太陽』(09/若林節朗監督)、『アウトレイジ』(10/北野武監督)、『死にゆく妻との旅路』(11/塙幸成監督)、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(11/蔵方政俊監督)では日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、『おかえり、はやぶさ』(12/本木克英監督)、『アウトレイジ ビヨンド』(12/北野武監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)、『64-ロクヨン- 前編・後編』(16/瀬々敬久監督)、『羊と鋼の森』(18/橋本光二郎監督)、『風の電話』(20/諏訪敦彦監督)、『AI崩壊』(20/入江悠監督)、『グッバイ・クルエル・ワールド』(22/大森立嗣監督)、『線は、僕を描く』(22/小泉徳宏監督)などがある。

  • 三浦誠己/ Masaki Miura 林誠役

    三浦誠己 / Masaki Miura林誠役

    Profile
    三浦誠己/ Masaki Miura 林誠役

    三浦誠己 / Masaki Miura林誠役

    1975年11月16日生まれ、和歌山県出身。1966年にお笑い芸人としてデビュー。2003年に『きょうのできごと a day on the planet』(行定勲監督)で注目を集め、俳優に転身。主な映画出演作に、『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『64-ロクヨン-前編/後編』(14,16/瀬々敬久監督)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也監督)、Netflixオリジナル『アウトサイダー』(マーチン・サントフリート監督)、『太陽の子』(21/黒崎博監督)、『母性』(22/廣木隆一監督)、『ラーゲリより愛を込めて』(22/瀬々敬久監督)などがある。

  • 松浦慎一郎/ Shinichiro Matsuura 松本進太郎役

    松浦慎一郎 / Shinichiro Matsuura松本進太郎役

    Profile
    松浦慎一郎/ Shinichiro Matsuura 松本進太郎役

    松浦慎一郎 / Shinichiro Matsuura松本進太郎役

    1982年9月22日生まれ、長崎県五島列島出身。『百円の恋』(14/武正晴監督)、『万引き家族』(18/是枝裕和監督)、『BLUE/ブルー』(21/𠮷田恵輔監督)などに出演するほか、ボクシングトレーナーとしても活躍。『あゝ、荒野 前篇/後編』(17/岸善幸監督)、『アイネクライネナハトムジーク』(19/今泉力哉監督)などの作品でボクシング指導も務めている。2010年にボクシング界に貢献、活躍したトレーナーに贈られるエディタウン賞を受賞している。

  • 佐藤緋美/ Himi Sato 小河聖司役

    佐藤緋美 / Himi Sato小河聖司役

    Profile
    佐藤緋美/ Himi Sato 小河聖司役

    佐藤緋美 / Himi Sato小河聖司役

    1999年12月19日生まれ、東京都出身。2018年に寺山修司原作の舞台「書を捨てよ町へ出よう」で主演デビュー。主な映画出演作に、『WE ARE LITTLE ZOMBIES』(19/長久允監督)、『#ハンド全力』(20/松居大悟監督)などがある。2021年に出演した『ムーンライト・シャドウ』(エドモンド・ヨウ監督)で、第31回日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞。Disney+配信「シコふんじゃた!」(22/周防正行総監督)、『少女は卒業しない』(23/中川駿監督)にも出演。俳優業に留まらず、HIMIで音楽活動も行う。2020年 レーベルAsilisを立ち上げ、2022年9月には3nd EP「KAERIMICHI」をリリース。

  • 中島ひろ子/ Hiroko Nakajima 小河喜代実役

    中島ひろ子 / Hiroko Nakajima小河喜代実役

    Profile
    中島ひろ子/ Hiroko Nakajima 小河喜代実役

    中島ひろ子 / Hiroko Nakajima小河喜代実役

    1971年2月10日生まれ、東京都出身。映画『オルゴール』(89/黒土三男監督)でデビュー。90年、『櫻の園』(中原俊監督)で初主演を務め、第14回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、脚光を浴びる。近年の主な映画出演作に『祈りの幕が下りる時』(18/福澤克雄監督)、『小さな恋のうた』(19/橋本光二郎監督)、『いつかのふたり』(19/長尾元監督)、『瞽女GOZE』(20/瀧澤正治監督)、『ケアニン~こころに咲く花~』(20/鈴木浩介監督)、『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』(20/篠原哲雄監督)、『朝が来る』(20/河瀨直美監督)がある。

  • 仙道敦子/ Nobuko Sendo 会長の妻役

    仙道敦子 / Nobuko Sendo会長の妻役

    Profile
    仙道敦子/ Nobuko Sendo 会長の妻役

    仙道敦子 / Nobuko Sendo会長の妻役

    1969年9月28日生まれ、愛知県出身。映画『白蛇抄』(83/伊藤俊也監督)で、日本アカデミー賞新人俳優賞、第8回くまもと映画祭新人女優賞を受賞。主な映画出演作に、『早春物語』(85/澤井信一郎監督)、『TOMORROW 明日』(88/黒木和雄監督)、『オルゴール』(89/黒土三男監督)、『少年時代』(90/篠田正浩監督)、『就職戦線異状なし』(91/金子修介監督)、『君は彼方』(20/瀬名快伸監督 ※声の出演)などがある。23年には『有り、触れた、未来』(山本透監督)の公開が控えている。

スタッフ Staff

  • 監督・脚本: 三宅唱

    1984年生まれ、北海道出身。一橋大学社会学部卒業、映画美学校・フィクションコース初等科修了。主な監督作品に、『THE COCKPIT』(14)、『きみの鳥はうたえる』(18) 、『ワイルドツアー』(19)などがある。『Playback』(12)では、ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、第22回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。『呪怨:呪いの家(全6話)』(20)がNetflixのJホラー第1弾として世界190カ国以上で同時配信され、話題となった。その他、星野源のMV「折り合い」なども手掛けている。

  • 原案:
    小笠原恵子「負けないで!」(創出版)

    1979年生まれ。ろう学校高等部、歯科技工士養成校を卒業。養成学校時代からボクシングジムに通い、2010年4月にプロテスト合格。7月、プロとしてデビュー戦に勝利。2011年、3戦目となる試合でTKO負けするも、2013年に2年ぶりの試合で勝利し再起。2011年、自身の著書となる『負けないで!』(創出版)が刊行される。

  • 脚本: 酒井雅秋

    1975年生まれ、東京都出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。2003年からテレビドラマを中心に数多くの作品の脚本を手掛ける。主な脚本作に「コールドケース2~真実の扉~」(18/WOWOW)、「レッドアイズ 監視捜査班」(21/NTV)、「アバランチ」(21/CX)、「ケイ×ヤク-あぶない相棒-」(22/YTV,NTV)や、映画『任侠学園』(19/木村ひさし監督)などがある。

  • 撮影: 月永雄太

    1976年生まれ、静岡県出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。主な映画作に『東京公園』(11/青山真治監督)、『キツツキと雨』(12/沖田修一監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)、『スマホを落としただけなのに』(18/中田秀夫監督)などがある。2018年に沖田修一監督作『モリのいる場所』で第73回毎日映画コンクール撮影賞を、2020年には『泣く子はいねぇが』で第68回サン・セバスティアン国際映画祭オフィシャルコンペティション部門にて最優秀撮影賞をそれぞれ受賞している。

  • 照明: 藤井勇

    1970年生まれ、福岡県出身。主な映画作に、『桐島、部活やめるってよ』(12/吉田大八監督)、『そこのみにて光り輝く』(14/呉美保監督)、『オーバーフェンス』(16/山下敦弘監督)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(19/蜷川実花監督)、『おらおらでひとりいぐも』(20/沖田修一監督)、『耳をすませば』(22/平川雄一朗監督)などがある。2018年に、是枝裕和監督作『万引き家族』で第42回日本アカデミー賞最優秀照明賞を受賞している。

  • 録音: 川井崇満

    1979年生まれ、千葉県出身。主な映画作に、『It Girls: Anytime Smokin' Cigarette』(17/小林達夫監督)、『歯まん』(19/岡部哲也監督)などがある。三宅唱監督作では『playback』(12)、『密使と番人』(17)、『きみの鳥はうたえる』(18)で録音を担当し、本作が4度目のタッグとなる。

  • 手話監修: 越智大輔

    1956年生まれ、福岡県出身。83年、東京都聴覚障害者連盟の職員となり、87年に同連盟事務局長に就任。絵本「はじめてであう手話」(全三巻・汐文社)執筆・編集するほか、新聞や雑誌等への執筆、書籍やドラマ、映画の監修等多数。手話監修を担当した作品に、劇場版アニメ『聲の形』(16/山田尚子監督)、テレビアニメ「GANGSTA.」(15/ABCTV・TOKYOMX)などがある。

場面写真

岸井ゆきの
三浦誠己 松浦慎一郎 佐藤緋美
中原ナナ 足立智充 清水優 丈太郎 安光隆太郎
渡辺真起子 中村優子

中島ひろ子 仙道敦子 / 三浦友和

監督:三宅唱
原案:小笠原恵子「負けないで!」(創出版)
脚本:三宅唱 酒井雅秋

製作:狩野隆也 五老剛 小西啓介 古賀俊輔
エグゼクティブプロデューサー:松岡雄浩 飯田雅裕 栗原忠慶
企画・プロデュース:長谷川晴彦 チーフプロデューサー:福嶋更一郎
プロデューサー:加藤優 神保友香 杉本雄介 城内政芳
French Coproducer: Masa Sawada
撮影:月永雄太 照明:藤井勇 録音:川井崇満 美術:井上心平 装飾:渡辺大智
衣裳:篠塚奈美 ヘアメイク:望月志穂美 遠山直美
ボクシング指導:松浦慎一郎 手話指導:堀康子 南瑠霞 手話監修:越智大輔
編集:大川景子 音響効果:大塚智子 助監督:松尾崇 制作担当:大川哲史
製作:「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会(メ~テレ 朝日新聞社 ハピネットファントム・スタジオ ザフール)
助成:AFFロゴ 制作プロダクション:ザフール 配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

この物語は実在の人物や出来事に着想を得たフィクションであり、
実在の人物・団体とは一切関わりはありません。