藤ヶ谷太輔,脚本・監督:三浦大輔

そして僕は途方に暮れる

藤ヶ谷太輔
                                前田敦子 中尾明慶 毎熊克哉 野村周平 / 香里奈
                                原田美枝子 / 豊川悦司
                                脚本・監督:三浦大輔
                                原作:シアターコクーン「そして僕は途方に暮れる」(作・演出 三浦大輔)
                                音楽:内橋和久 エンディング曲:大澤誉志幸「そして僕は途方に暮れる」
                                製作:映画「そして僕は途方に暮れる」製作委員会
                                制作プロダクション:アミューズ 映像企画製作部 デジタル・フロンティア
                                企画製作・配給:ハピネットファントム・スタジオ

2023.1.13 ROADSHOW

INTRODUCTIONイントロダクション

脚本・監督 三浦大輔(『娼年』『愛の渦』)× 主演 藤ヶ谷太輔

シアターコクーンで上演され絶賛を浴びた
オリジナルの舞台を、再タッグで映画化!

スマホの電源を切ったら、全部終わり。
些細なことから、あらゆる人間関係を断ち切ってしまった1人の平凡なフリーターの、人生を賭けた逃避劇。
逃げて、逃げて、逃げ続けた先で、彼を待ち受けていたものとは――。

メガホンをとるのは、「愛の渦」「娼年」など、毎回賛否が渦巻く衝撃作を世に送り出し、各界から注目を集め続けている異才・三浦大輔。舞台から映画へと表現の幅を確実に広げながら唯一無二の世界観を創り上げている。本作でも脚本・監督を自ら手掛け、人間のリアルな部分を赤裸々にあぶり出し、深く切り込んでいく演出は健在だ。

舞台に続き主人公・菅原裕一を演じたのは、Kis-My-Ft2のメンバーとして活躍する藤ヶ谷太輔。ばつが悪くなるとその場しのぎで逃げ出してしまうクズ男っぷりを見事に体現。しかし、「人間誰しも逃げ出したいと思うことはあるのでは?」とも思わせ、観るものに共感と反感を与え続ける。藤ヶ谷は6年ぶりとなる映画主演作で、撮影中「日々しびれ、追い込まれ、鍛えてもらっている」と語り、「あんな限界を迎えたことはない」と言わしめるほど、現場ではまさしく心身を削り撮影に挑んだ意欲作。これまでのイメージを大胆に覆し、俳優として今までとはまた違う新たな魅力を放つ。

共感と反感の120分!予測不能なストーリー!
誰しもが持つ「逃げたい」という心理や衝動を赤裸々に焙り出す、
<現実逃避型>エンタテインメントが誕生!

STORYストーリー

自堕落な日々を過ごすフリーターの菅原裕一は、長年同棲している恋人・里美と、些細なことで言い合いになり、話し合うこともせず家を飛び出してしまう。その夜から、親友、大学時代の先輩や後輩、姉のもとを渡り歩くが、ばつが悪くなるとその場から逃げ出し、ついには、母が1人で暮らす苫小牧の実家へ戻る。だが、母ともなぜか気まずくなり、雪降る街へ。行き場を無くし、途方に暮れる裕一は最果ての地で、思いがけず、かつて家族から逃げていった父と10年ぶりに再会する。「俺の家に来るか?」、父の誘いを受けた裕一は、ついにスマホの電源を切ってすべての人間関係を断つのだが――。

CAST/STAFFキャスト/スタッフ

菅原裕一役
藤ヶ谷太輔
コメント
僕が演じるフリーターの菅原裕一は、自分がいやだなとか耐えられないなと思う度に逃げていくんです。
すごいクズなんですけど、それができるって意外にかっこいいのかなって。みんな逃げたいと思うこともあるけど、結局その先のことを考えてしまい、理性が働いて逃げられない。でも、人間誰しも逃げたい瞬間とか、行きたくないこと、出たくない連絡ってあると思うんです。そこを断っていくと、最終的にどうなるのかっていう…。
物語の前半は、裕一のことをこいつクズだなぁって鼻で笑っていたけど、だんだん「あれ?これ自分にもこういうところあるかな」とか思えたりする。人間の中には、どこか今まで逃げてきたこととか、避けてきたことがあって、そこに罪の意識みたいなものがあるのかなと思います。三浦監督はそこの深いところを描いて、突いてっていう…やっぱり三浦監督ワールドですよね。
完成した映画を観たとき、なかなか自分では俯瞰で観られなかったんですけど、撮影現場にいらっしゃらなかったスタッフの皆さんの笑い声を聞いて、やっぱりこの作品は、内容的にも、キャラクター的にも、笑えるほど滑稽なクズっぷりがしっかり描かれているんだなと感じることができました。
この作品を舞台でやらせていただいたのは4年前なんですが、映画化が決まった時に三浦監督から「舞台のときから、振り返った表情とかを映像に撮りたいと思っていた」と伺って…。映像になると規模感も大きくなりますし、逃避劇っていうんですか、それがすごく表現できているんじゃないかと思います。実際に、長い時間、長い距離走りましたし、何度撮影から逃げたいと思ったことか(笑)。現場では、時間もそうですが、精神的にも体力的にも、今までにないくらい追い込まれたので、そういうことも、僕が演じた裕一と重なって描かれていればいいなぁと思います。監督にも「本当に自分自身も追い込まれているところが、ちゃんと映像に出ているから安心して」と言っていただけました。
現場では、妥協が一切なくて、今思うといい経験をさせていただいたなというのもありますが(笑)、三浦組を耐え抜いた男として、誇りに思っています。チームで本当に頑張った作品ですので、より多くの皆さんに届いたらいいなって、心の底から思います。笑える箇所がたくさんありますし、共感できる箇所、反感を持つ箇所、たくさんありますので、とにかく色んな方に、気楽に劇場に見に来ていただきたいです。
プロフィール
1987年6月25日生まれ、神奈川県出身。
2011年にKis-My-Ft2のメンバーとして「Everybody Go」でCDデビュー。アーティストとして精力的に活動するほか、「A-Studio+」(TBS)、「キスマイ超BUSAIKU!?」「もしもツアーズ」(CX)、「10万円でできるかな」(EX)等多くのバラエティ番組やCMなど幅広く活躍。役者としてもドラマ・映画・舞台など多数出演している。近年の主な出演作に、ドラマ「ミラー・ツインズ」(東海テレビ・WOWOW/19)、「やめるときも、すこやかなるときも」(NTV/20)、「華麗なる一族」(WOWOW/21)、ドラマ・映画「信長協奏曲」(14/CX、16)、「MARS~ただ、君を愛してる~」(16/NTV、16)などがある。
脚本・監督
三浦大輔
コメント
映画が完成しました。とても過酷な撮影でした。キャスト、スタッフの皆様の尽力のおかげです。 心から感謝しております。
舞台から続いて主役の菅原裕一を演じてくれた藤ヶ谷くんとは、今回の映像化にあたり、「舞台よりもさらにいけるところまで、作品を描ききろう」と話しながら撮影に挑みました。その想いが、映画の中に刻まれていることを願っております。
映画と舞台の大きな違いは、撮影時に実景を目の当たりにできること。菅原は逃げ続けた末に、生まれ故郷の北海道にたどり着く……。藤ヶ谷くんに実際にその環境で演じてもらえたのは、菅原という人物を蓄積していく上でとても大きかったと思っています。
菅原は、どこにでもいる平凡な若者ですが、ほんとに些細なことからあらゆる人間関係を断ち、逃げて、逃げて、逃げまくります。そのクズっぷりを楽しんでもらいつつ、最終的に、「これは、自分の『物語』だ」と、皆様一人一人が思って頂けたら幸いです。
続報も期待してお待ち下さい!
プロフィール
1975年生まれ。演劇ユニット「ポツドール」を主宰し、センセーショナルな作風で演劇界の話題をさらう。2006年「愛の渦」で第50回岸田國士戯曲賞を受賞。2010 年パルコ・プロデュース「裏切りの街」(作・演出/2022年に新国立劇場で再演)、 2013 年「ストリッパー物語」(原作:つかこうへい、構成・演出/シアターイースト)、2015年シアターコクーン・オンレパートリーで、ブラジルの巨匠ネルソン・ロドリゲスの戯曲「禁断の裸体」を演出し、高評価を得、2016 年舞台「娼年」で演出家としての地位を確固たるものとする。「そして僕は途方に暮れる」 (主演:藤ヶ谷太輔)舞台版は、2018年Bunkamura シアターコクーンで上演された。最新オリジナル作は 「物語なき、この世界。」(シアターコクーン/2021)。
映画監督としては、2003 年『はつこい』で第25回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞を受賞。2010 年『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(原作:花沢健吾、脚本:三浦大輔)で商業映画監督デビューを飾り、2014年自作で岸田戯曲賞受賞作『愛の渦』を映画化する。2016年『何者』(原作:朝井リョウ)、2018 年『娼年』(原作:石田衣良)で監督・脚本を務め、その演出力、表現力が高い評価を得た。また、パルコ・プロデュース公演の自作「裏切りの街」は2016年にdTVで配信ドラマ化。この作品は、異例の劇場公開も果たした。