MOVIE

NEWS

    INTRODUCTION

    “初恋の記憶”をめぐり、
    18年前と現在の想いが切なく交錯する。
    『余命10年』のスタッフが紡ぐ、
    日本と台湾を舞台にした
    新たな傑作ラブストーリー。

    このエモーショナルな物語でダブル主演を務めるのは、
    アジア圏で今最も注目を集める台湾のスター俳優 シュー・グァンハンと、日本で若手屈指の実力を有する清原果耶。さらに、ジョセフ・チャン、道枝駿佑、黒木華、松重豊、黒木瞳といった日台の豪華キャストが勢揃い。
    世代を超えて愛され続ける唯一無二のバンドMr.Childrenが奏でる主題歌「記憶の旅人」が、ジミーとアミの青春と呼ぶにはあまりに切なく儚いふたりの恋模様を彩っている。
    脚本・監督を務めた藤井道人、撮影監督・今村圭佑、作曲家・大間々昂ほか旬のクリエイターが集い、
    日本と台湾の壮大で美しい風景と、18年前と現在という時代を鮮やかに映し出した本作は、観る者の心をどうしようもなく震わせる。

    STORY

    あの時、想いを伝えていたら
    未来は変わっていただろうか

    始まりは18年前の台湾。カラオケ店でバイトする高校生・ジミー(シュー・グァンハン)は、日本から来たバックパッカー・アミ(清原果耶)と出会う。天真爛漫な彼女と過ごすうち、恋心を抱いていくジミー。しかし、突然アミが帰国することに。意気消沈するジミーに、アミはある約束を提案する
    時が経ち、現在。人生につまずき故郷に戻ってきたジミーは、かつてアミから届いた絵ハガキを再び手に取る。初恋の記憶がよみがえり、あの日の約束を果たそうと彼女が生まれ育った日本への旅を決意するジミー。東京から鎌倉・長野・新潟・そしてアミの故郷・福島へと向かう。
    鈍行列車に揺られ、一期一会の出会いを繰り返しながら、ジミーはアミとのひと夏の日々に想いを馳せる。たどり着いた先で、ジミーが知った18年前のアミの本当の想いとは

    CAST

    • ジミー役:シュー・グァンハン
    • アミ役:清原果耶
    • リュウ役:ジョセフ・チャン
    • 幸次役:道枝駿佑
    • 由紀子役:黒木華
    • 中里役:松重豊
    • 裕子役:黒木瞳

    STAFF

    監督・脚本

    藤井道人

    COMMENT

    僕のルーツの一つである台湾との共同プロジェクトは、本当に幸せな時間でした。
    プロデューサーのチャン・チェン、主演のシュー・グァンハンをはじめ、たくさんの大切な仲間たちが台湾で出来ました。
    言語や文化を超えて、互いの敬意を忘れずに『映画』に向き合い続けた日々は、僕にとっての宝物です。
    これは、18年前に置いてきた青春に、36歳になった主人公がサヨナラを告げる物語です。日本だけでなく、アジア、世界の人たちの心にしっかりと残る映画を目指しました。まさに、僕にとっての監督人生第二章のはじまりであると自負出来る作品になっています。
    清原果耶さんをはじめとする素晴らしい日本キャストと台湾キャストのコラボレーションを是非楽しみにしていてください。

    PROFILE

    1986 年生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。大学卒業後、2010年に映像集団「BABEL LABEL」を設立。2014年伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』で商業作品デビュー。第43回日本アカデミー賞にて映画『新聞記者』が最優秀作品賞含む6部門受賞、他にも多数映画賞を受賞する。『青の帰り道』(18)、『デイアンドナイト』(19)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(20)、 『ヤクザと家族 The Family』(21)、『余命10年』(22)など精力的に作品を発表しており、今年は『ヴィレッジ』、『最後まで行く』が続けて公開。今最も動向が注目されている映画監督の1人である。

    エグゼクティブ・プロデューサー

    チャン・チェン

    COMMENT

    『青春18×2 君へと続く道』は、親しい友人でありプロデューサーの黃江豐(ロジャー)さんが紀行エッセイを見たことから始まり、4年の時間をかけ脚本開発をしました。その後藤井監督が参加してくださり大きな力となりました。この映画の誕生は、天の時、地の利、人の和の様々なご縁が結びついた結果です。
    長い間藤井監督の作品に注目しており、監督の映画の独特な魅力を高く評価していたため、撮影中は監督を深く信頼し、創作者としての監督の考えを尊重し支持をしました。シュー・グァンハンさんと清原果耶さんは非常に優秀な俳優です。二人の間で起こる化学反応を楽しみにしています。
    今回初めてエグゼクティブ・プロデューサーを務めました。国際共同製作はある種の試練、学びの機会であり、そして異なる仕事や文化的背景を持つ映画人たちの交流が増え、作品に異なる魅力を与えてくれます。 青春の真っただ中にいる、又は嘗て青春を過ごした皆様に、この笑いあり涙ありのラブストーリーを是非ご覧いただきたいと心からお勧め致します。

    PROFILE

    1976年10月14日、台湾台北市生まれ。1991年、『牯嶺街少年殺人事件』(エドワード・ヤン監督)の主役で映画デビュー。主な映画出演作は『ブエノスアイレス』(97/ウォン・カーウァイ監督)、『グリーン・デスティニー』(00/アン・リー監督)、『百年恋歌』(05/ホウ・シャオシェン監督)、『ブレス』(07/キム・ギドク監督)、『レッド・クリフ Part I & PartⅡ』(08、09/ジョン・ウー監督)、『黒衣の刺客』(15/ホウ・シャオシェン監督)、『椿の庭』(21/上田義彦監督)、『DUNE/デューン 砂の惑星』(21/ドゥ二・ヴィルヌーヴ監督)など世界中の人気監督からオファーが舞い込む国際派俳優に成長。また、短編監督やプロデュース業へも進出すると、2018年にはカンヌ映画祭コンペ審査員に選出されるなど、中華圏を代表する国際映画人として活躍中。

    音楽

    大間々 昂

    PROFILE

    洗足学園音楽大学音楽学部卒。作・編曲を渡辺俊幸氏に師事。映画・ドラマ・アニメの音楽をはじめ、CM、アーティストへの楽曲提供やプロデュースなどを手掛ける。主な映画作品は『愚行録』(17/石川慶監督)、『スマホを落としただけなのに』(18/中田秀夫監督)、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(20)、『死刑にいたる病』(22/白石和彌監督)、『最後まで行く』(23)など。ほかにも「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(NTV/16)、NETFLIXドラマ「浅草キッド」(21)、アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」(22)など幅広い分野で活躍している。

    撮影

    今村圭佑

    PROFILE

    1988年生まれ。日本大学芸術学部映画学科撮影・録音コース卒業。大学在学中より藤井道人監督と自主映画を制作する。卒業後はKIYO氏のもとで約2年アシスタントを務めたのち、24歳で撮影技師としてデビュー。映画・CM・MVのカメラマン、撮影監督として活動し、2020年には映画『燕 Yan』で長編監督デビュー。主な映画作品は『帝一の國』(17/永井聡監督)、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(18/湯浅弘章監督)、『デイアンドナイト』(19)、『新聞記者』(19)、『約束のネバーランド』(20/平川雄一朗監督)、『ヤクザと家族 The Family』(21)『余命10年』(22)、『百花』(22/川村元気監督)、『リボルバー・リリー』(23/行定勲監督)など。公開待機作に『四月になれば彼女は』(3月22日公開/山田智和監督)がある。

    MUSIC

    主題歌情報

    Mr.Children

    「記憶の旅人」

    (TOY’S FACTORY)

    Mr.Children

    「記憶の旅人」

    (TOY’S FACTORY)

    COMMENT

    かつて自分の中に「確かにあったもの」
    そして今も自分の中に「あって欲しいと強く願うもの」が
    この映画の冒頭から終わりまで、ずっと流れていて
    その懐かしさ 奥ゆかしさ 温かさは
    すぐ近くにあるのに、もう手が届かないようで
    もどかしくて もどかしくて
    たまらなく人恋しくなる

    この映画に関わる上で
    不純なものは極力取り除いて音楽として抽出したつもりです。
    それだけが私たちに出来ることでした。

    2024年に、
    こんな素敵な映画が生まれてくれたこと、
    そして、この映画に関われたことが、
    有り難くて、嬉しくて
    今はただ感謝でいっぱいです。
    ありがとう

    Mr.Children 桜井和寿

    PROFILE

    1992年ミニアルバム「EVERYTHING」でデビュー。
    1994年シングル「innocent world」、2004年シングル「Sign」で日本レコード大賞を受賞。
    「Tomorrow never knows」「名もなき詩」「HANABI」など数々の大ヒットシングルを世に送り出す。
    2023年10月最新アルバム「miss you」をリリース。全国ツアー「Mr.Children tour 2023/24 miss you」を開催中。